完済年月の把握

カードローンの返済は、短期的に考えるのは、あまり良くありません。もし1回や2回で完済ができるのであれば話は別ですが、大抵の場合は融資金額がある程度の金額になるため、どうしても数回で返済ができるようなことはありません。

つまり、返済にかかる期間としては、ある程度の期間が必要になることが予想できるのです。そうなると、単に月単位で返済を考えていくのではなく、長いスパンで返済について考えていかなければいけません。では、完済年月を把握する際は、どのように行えば良いでしょうか。 この際にまずしなければいけないのは、毎月の返済がいくらになるのかなのですが、この際、単に元金のみをチェックするのは良くありません。

というのも、実際の返済では、元金のみならず、金利も絡んでくるからです。これが非常に大切なことなのですが、多くの方が忘れてしまっているのです。金利については、返済期間が長くなればなるほど、多くなるので、この点もきちんと考慮しないといけません。そして、毎月の返済額が、いつまで続くのかシミュレーションしてみます。シミュレーションの際は、自分で行うこともできますが、もし計算などが面倒ということであれば、インターネット上のシミュレーションサイトを使うこともできるし、あるいは直接店舗に足を運んで、担当者に聞いてみるのも1つの方法です。

いずれにしても、このシミュレーションを行うだけで、残高がどのように減っていくのか、自分で把握できるのです。

topページ

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ