キャッシュカードとの違いの把握

カードローンと聞くと、「自分の好きなだけ、自由に利用できる」というイメージがあるかもしれません。確かに融資可能金額の範囲内で、利用できる枠が残っていて、特に延滞とかしていないようであれば、その考え方はあながち間違っていません。このことを考えると、あたかもカードローンをキャッシュカードと同じように捉えてしまうかもしれません。しかし、このような捉え方をしていると、非常に危険なのです。

というのも、カードローンとキャッシュカードは、似ているようで全く異なるからです。ここでは、キャッシュカードがカードローンとどのように異なるのかについて見てみることにしましょう。 まず、銀行のキャッシュカードですが、これは口座を開設するにあたって、特に審査が必要とか、収入がいくら以上でないといけないとか、そのような条件がありません。また、預金残高範囲内であれば、自由に引き出すことも可能です。それと同時に、お金を預けることも可能です。しかし、カードローンの場合はそうではありません。

まず、預け入れという機能はカードローンには存在しません。カードローンはあくまでも引き出しとか預け入れという概念ではなく、借入という概念になるのです。つまり、ATMでお金を手に入れる行為は、あくまでも引き出しではなく、借り入れという行為によって可能になるのです。このことを考えると、何でもかんでも引き出しが可能と考えるのは、カードローンの利用においては、良くないことなのです。

topページ

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ